プロミスの契約方法にはWeb契約、来店契約、郵送契約の3種類がある

プロミスでは融資額500万円までのフリーキャッシングをご提供しています。フリーキャッシングにインターネットでお申込みされたときの契約方法にはWeb契約、来店契約、郵送契約の3種類をご用意しています。

Web契約はインターネット上で契約が完了するのでご来店する手間がかからずに簡単です。必要書類の提出はケータイやスマートフォンのカメラ機能で画像化しメールで送信することが出来ます。お急ぎの場合は当日中に口座にお金が振り込まれます。後日カードがご自宅に届けられます。

来店契約はお近くのプロミス店頭窓口または自動契約機にご来店して契約します。プロミス 自動契約機では平日・土日祝で21時まで営業しています。誰にも顔を合わせたくない場合や、店頭窓口の営業時間外にお申込みする場合、平日14時を回ってしまってWeb契約では即日融資が間に合わないときは自動契約機での来店契約がとても便利です。お申し込みの段階から自動契約機で行い、審査に受かり次第契約しカードを受け取りすることも可能です。

自動契約機にご来店する際は本人確認書類、必要ならば収入証明書類を持参します。画像化したりコピーを取らずにそのまま持参して構わないです。郵送契約は書類の郵送に日数がかかるので、時間の無い時は向かないです。

胡蝶蘭の購入なら通販が便利

胡蝶蘭は贈り物として喜ばれる最高級の花です。大切な方への贈り物として開業祝いや開店祝い、新築祝いや就職祝い、そして母の日や敬老の日などという記念日の贈り物として選ばれています。

胡蝶蘭といえば白色がキレイで送る人も多いと思いますが、その他にもピンクや黄色といった違う色もあるんです。価格も様々で、枝の本数や花の大きさによっても値段は変わります。1万円以内のものから5万円以上もする胡蝶蘭があるんです。

その中でもやはり人気なのが大輪白と言われる胡蝶蘭です。この花の表も裏も真っ白ですし花ビラも大きく高級簡単に溢れていますよ。この胡蝶蘭ですが近所の花屋さんでなくとも今では通販で購入する事も可能なんですね。

よく見かける通販サイトでも相場は同じように1万円以内から5万円程度まで様々ですので、贈る相手と贈る用途によって選べますので助かります。花屋さんでは多く置いておくのも難しいですので必要最低限度の胡蝶蘭しか取り扱いませんので、急に欲しいとなったら通販がおすすめです。

配送が不安ですが安心できる運送業者を使用している事もあり心配はいりません。キレイな胡蝶蘭で大切な人を喜ばせたいですよね。私はいつも1万円から2万円の胡蝶蘭を選んで贈るようにしています。大きすぎるのもアレなので。

胡蝶蘭 ランキング

クレジットカード審査にお悩みの方必読!審査のないクレジットカードとは

クレジットカードを作成しようと申し込みを行うと、入会資格に関する審査が行われます。この審査はクレジットカード利用の際に支払いトラブルを起こす人物かどうかをチェックしているのですが、自営業や個人事業主の方の場合、十分な収入があって過去に金融トラブルを起こしたことのない方であってもクレジットカード審査に落ちてしまうことがあります。

 会社に勤めて給料をもらっていないフリーランスの方は、クレジットカードの審査で不利になってしまうのですが、そんな方にお勧めなのが審査のないクレジットカードです

 審査なしクレジットカードなんてほんとに存在するの?と疑問に思うかもしれませんが、クレジットカードは多くの業者が発行していて、中には特殊な条件を満たせば発行可能なクレジットカードも存在するのです。

 その一つがVISAカードデビットと呼ばれるクレジットカードです。このカードは、一般的なクレジットカードのように信用を背景にして支払いを立て替えてもらうのではなく、銀行口座にある預金を支払いに充てることでクレジットカードと同等の機能を持たせたカードとなっています。

 正確に言えば、カードはクレジットカードではないのですが、残高を支払いに充てるという点以外は機能面でクレジットカードと変わり無く使用できます。提携銀行の預金口座さえ持っていれば、無審査で発行できるクレジットカードです。

ポーカーテーブル大会は究極の心理戦

ポーカーはトランプゲームの定番ですからやった事が無いと言う人はあまりいないでしょう。ゲームとしてやった事があると思われているポーカーは5枚の手札が配られて、その5枚の手札で出来た役で競うものが一般的ですから、ほとんどの場合ポーカーを知っていると言ってもこの5枚の手札を配る方式のポーカーだと思います。

しかし、ポーカーテーブル大会のような世界規模での大会や、ラスベガスでのポーカーと言うと、その知っているポーカーゲームとは一味違うのです。

まず、一番の違いは手札が二枚と言う事です。

通常は2人から9人ほどでプレーをする事になりますが、まずは参加者全員に二枚のカードが配られます。それが手持ちのカードとなり、自分だけが見る事ができるカードです。

それに加えて場の中央に三枚のカードが置かれます。その三枚のカードは参加者全員が見る事が出来るカードです。

手持ちの二枚のカードと場に置かれた三枚のカードの計五枚のカードで作る役の強弱で競うのが世界基準のポーカーテーブル大会の基本ルールとなります。

しかし、これだけでは面白くありませんね。このポーカーテーブル大会の醍醐味はここからが本番です。

中央に置かれる共通のカードはゲームが進むごとに四枚、五枚とMAX五枚まで増えていきます。ですから最終的には場の中央にある五枚のカードと手札の二枚のカードの計七枚のカードの中から好きな五枚のカードを使い手札を作るのです。

このゲームの肝となるのは、その間の心理戦です。最後の場に五枚のカードが開かれた時まで粘って勝負するも良し、また手札が悪ければ最初の段階で降りてしまっても良いのです。このような心理戦を味わえるのがポーカーテーブル大会の醍醐味です。

従来のポーカーとは違ったプレイをする

一般的なポーカーと言えば5枚のカードを持ってプレイすることが多いのですが、ポーカーテーブル大会と呼ばれるものは違った方法で行われています。

この方法で戦う場合、手札は2枚となり、残りの5枚についてはテーブル状に置かれています。このカードを最初に3枚めくり、この時点で戦えない場合はフォールドを宣告します。これは抜けるという意味です。

複数人が残っている場合は次のカードをめくり、更にフォールドをするプレイヤーが出るかを見ていきます。最終的に最後の1枚までに1人になった場合、チップは総取りとなります。複数人が残っている場合は手札の2枚と公開された5枚を使って役を作らなければならず、この強弱で勝敗がきまるというシステムです。

基本的にこれを繰り返して、最終的に1人になるまで大会は続きます。

プレイヤーには持ち点が与えられており、その持ち点は強制的に徴収される点数を超え続けていないとプレイを続けられません。そのため参加しないで見ているだけというのは出来ないのです。どこかで戦いを挑み、相手のポイントを奪って生存しなければ優勝は出来ないシステムです。

2日以上に分けて行われることが多く、長期的な視野で戦っていかなければなりません。運だけではなくプランというものも重要になるのがポーカーテーブル大会なのです

世界的な大会では多額の賞金が手に入り、1度勝利するだけでその後の生活が楽になってしまうほどです。しかし世界規模の大会になればプレイヤーも強くなり、今まで以上に神経を使った戦いをすることとなります。